松平定昭(読み)まつだいら さだあき

  • 松平定昭 まつだいら-さだあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1845-1872 幕末-明治時代の大名。
弘化(こうか)2年11月9日生まれ。伊勢(いせ)津藩主藤堂高猷(たかゆき)の4男。養父松平勝成(かつしげ)の隠居で,慶応3年伊予(いよ)松山藩主松平(久松)家14代。3日後老中に就任鳥羽伏見の戦いで朝敵とされ追討をうけたが,恭順謹慎をしめして隠居。明治4年ふたたび家督をついで松山藩知事となる。明治5年7月19日死去。28歳。通称は錬五郎。号は漢台,五松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android