コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平定昭 まつだいら さだあき

1件 の用語解説(松平定昭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平定昭 まつだいら-さだあき

1845-1872 幕末-明治時代の大名。
弘化(こうか)2年11月9日生まれ。伊勢(いせ)津藩主藤堂高猷(たかゆき)の4男。養父松平勝成(かつしげ)の隠居で,慶応3年伊予(いよ)松山藩主松平(久松)家14代。3日後老中に就任。鳥羽・伏見の戦いで朝敵とされ追討をうけたが,恭順・謹慎をしめして隠居。明治4年ふたたび家督をついで松山藩知事となる。明治5年7月19日死去。28歳。通称は錬五郎。号は漢台,五松。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平定昭の関連キーワードスタング(父子)後藤三右衛門(2代)千家尊福橋本綱常久松定昭岩漿石川理紀之助大槻如電カントル田中不二麻呂

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone