松平忠周(読み)まつだいら ただちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠周 まつだいら-ただちか

1661-1728 江戸時代前期-中期の大名。
万治(まんじ)4年4月19日生まれ。松平忠晴(ただはる)の3男。兄忠昭(ただあき)の養子となり,天和(てんな)3年丹波亀山藩主。貞享(じょうきょう)2年若年寄,側用人となる。武蔵(むさし)岩槻(いわつき)藩,但馬(たじま)出石(いずし)藩をへて,宝永3年信濃(しなの)(長野県)上田藩主松平(藤井)家初代。5万8000石。享保(きょうほう)2年京都所司代,9年老中にすすんだ。享保13年4月30日死去。68歳。初名は忠易(ただやす),のち忠徳(ただのり),忠栄(ただよし)。伊賀守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平忠周 (まつだいらただちか)

生年月日:1661年4月19日
江戸時代中期の大名;老中
1728年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の松平忠周の言及

【上田藩】より

…69年(寛文9)に政俊の弟政勝に2000石を分知し上田領は5万8088石となった。1706年(宝永3),仙石氏と交換の形で,但馬国出石(いずし)から入ったのが松平(藤井)忠周(ただちか)である。忠周は所司代,老中を歴任し,領内統治にも努めたが,2代忠愛(ただざね),3代忠順(ただより)の時代には藩主や江戸家老に奢侈や不正のうわさが出た。…

※「松平忠周」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android