コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平清善 まつだいら きよよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平清善 まつだいら-きよよし

1505-1587 戦国-織豊時代の武将。
永正(えいしょう)2年生まれ。松平親善(ちかよし)の子。竹谷(たけのや)松平氏。三河(愛知県)宝飯郡(ほいぐん)竹谷を本拠とする。永禄(えいろく)5年今川方の上之郷城主鵜殿長照(うどの-ながてる)を攻めほろぼした。天正(てんしょう)15年5月23日死去。83歳。通称は与二郎,玄蕃允。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平清善の関連キーワード鵜殿氏長鵜殿長持松平清宗

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android