松平直義(読み)まつだいら なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直義 まつだいら-なおよし

1754-1803 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦4年4月28日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩主松平長孝(ながたか)の次男。松平近貞(ちかさだ)の養子となり,安永2年出雲(いずも)(島根県)広瀬藩主松平(越前(えちぜん))家7代。享和元年藩校漢学所を創設。茶の湯は松平不昧(ふまい)(治郷(はるさと))の門人。享和3年10月22日死去。50歳。初名は長善,のち近義。通称は主税。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android