コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平直義 まつだいら なおよし

1件 の用語解説(松平直義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直義 まつだいら-なおよし

1754-1803 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦4年4月28日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩主松平長孝(ながたか)の次男。松平近貞(ちかさだ)の養子となり,安永2年出雲(いずも)(島根県)広瀬藩主松平(越前(えちぜん))家7代。享和元年藩校漢学所を創設。茶の湯松平不昧(ふまい)(治郷(はるさと))の門人。享和3年10月22日死去。50歳。初名は長善,のち近義。通称は主税。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平直義の関連キーワード若宮丸漂流民ドゥーフ日道白粒岩延命院日道遠州流(茶道)舎密開宗長沢芦雪(ろせつ)熊川呉敬梓

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone