コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平直義 まつだいら なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直義 まつだいら-なおよし

1754-1803 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦4年4月28日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩主松平長孝(ながたか)の次男。松平近貞(ちかさだ)の養子となり,安永2年出雲(いずも)(島根県)広瀬藩主松平(越前(えちぜん))家7代。享和元年藩校漢学所を創設。茶の湯は松平不昧(ふまい)(治郷(はるさと))の門人。享和3年10月22日死去。50歳。初名は長善,のち近義。通称は主税。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android