コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平直義 まつだいら なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直義 まつだいら-なおよし

1754-1803 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦4年4月28日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩主松平長孝(ながたか)の次男。松平近貞(ちかさだ)の養子となり,安永2年出雲(いずも)(島根県)広瀬藩主松平(越前(えちぜん))家7代。享和元年藩校漢学所を創設。茶の湯は松平不昧(ふまい)(治郷(はるさと))の門人。享和3年10月22日死去。50歳。初名は長善,のち近義。通称は主税。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平直義の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)ネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦フレンチ・アンド・インディアン戦争山県鶴江ケルソーヘースティングズ(侯)若宮丸漂流民