コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平親忠 まつだいらちかただ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松平親忠
まつだいらちかただ

[生]永享10(1438)
[没]明応9(1500).8.10.
室町時代の武将。信光の子。岩津から安祥 (安城) に移り三河の松平氏の基礎を固めた。子の乗元は大給松平氏,乗清は滝脇松平氏の始祖。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平親忠 まつだいら-ちかただ

?-1501 室町時代の武将。
松平信光(のぶみつ)の子。三河(愛知県)安城松平氏の初代。幡豆(はず)郡の安城(祥)城主。文明7年菩提(ぼだい)寺の大樹寺を額田(ぬかた)郡鴨田に建立。のち出家して西忠と号した。子の乗元・乗清はそれぞれ大給(おぎゅう)松平家・滝脇松平家の祖。文亀(ぶんき)元年8月10日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平親忠の関連キーワード松平長親松平信光室町時代松平乗元石川政康榊原清長松平長家石川氏

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android