コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平親忠 まつだいらちかただ

2件 の用語解説(松平親忠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松平親忠
まつだいらちかただ

[生]永享10(1438)
[没]明応9(1500).8.10.
室町時代の武将。信光の子。岩津から安祥 (安城) に移り三河の松平氏の基礎を固めた。子の乗元は大給松平氏,乗清は滝脇松平氏の始祖。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平親忠 まつだいら-ちかただ

?-1501 室町時代の武将。
松平信光(のぶみつ)の子。三河(愛知県)安城松平氏の初代。幡豆(はず)郡の安城(祥)城主。文明7年菩提(ぼだい)寺の大樹寺を額田(ぬかた)郡鴨田に建立。のち出家して西忠と号した。子の乗元・乗清はそれぞれ大給(おぎゅう)松平家・滝脇松平家の祖。文亀(ぶんき)元年8月10日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平親忠の関連キーワードアビス朝アフォンソ[5世]箱根山神山箱根山ハプスブルク家足利持氏永享の乱プレトン足利持氏

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone