松平近正(読み)まつだいら ちかまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平近正 まつだいら-ちかまさ

1547-1600 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)16年生まれ。松平親清(ちかきよ)の子。大給(おぎゅう)松平氏。徳川家康の関東入国の際,上野(こうずけ)(群馬県)三蔵(さんのくら)に5500石をあたえられ,直参にくわえられた。関ケ原の戦いのとき伏見城の守りを命じられ,慶長5年8月1日戦死。54歳。三河(愛知県)出身。通称は五左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android