コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平頼重 まつだいら よりしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼重 まつだいら-よりしげ

1622-1695 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)8年7月1日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩主徳川頼房(よりふさ)の長男。徳川光圀(みつくに)の兄。寛永16年常陸(茨城県)下館(しもだて)に5万石をあたえられ,19年転封(てんぽう)になって讃岐(さぬき)高松藩主松平(水戸)家初代(12万石)となる。城下の上水道の敷設や溜め池をきずくなどして藩体制を確立。元禄(げんろく)8年4月12日死去。74歳。右京大夫,讃岐守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平頼重

没年:元禄8.4.12(1695.5.24)
生年:元和8.7.1(1622.8.7)
江戸前期の讃岐国高松藩(高松市)藩主。江戸生まれ。通称は幼名竹丸,又八郎,のち右京,讃岐守に任ぜられる。父は水戸藩主徳川頼房。母は家臣谷重則の娘。徳川光圀の兄。長男に生まれるが,父の兄(尾張の徳川義直,紀伊の徳川頼宣)に男子がなかったため,公にせず家臣に養育された。寛永16(1639)年常陸国下館5万石の藩主となる。同19年讃岐国高松に転じ12万石を領す。正保1(1644)年には城下に上水道を敷設,また生涯に溜池406を築く。他にも松平高松藩成立の基礎を築く多くの事業を行う。延宝1(1673)年隠居,光圀の子の松平頼常に家督を譲る。<参考文献>松平公益会編『高松藩祖松平頼重伝』

(小柴良介)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

松平頼重 (まつだいらよりしげ)

生年月日:1622年7月1日
江戸時代前期の大名
1695年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の松平頼重の言及

【高松[市]】より

…人口33万1004(1995)。讃岐平野東部にあたる高松平野のほぼ全域を占め,香東(ごうとう)川河口東岸に発達する中心市街地は,16世紀末生駒親正が城を築き,またのちに松平頼重が高松藩万石の藩主となって入封して以来,城下町として栄えた。明治維新後1888年に香川県が愛媛県から分離して成立するまで曲折を経たが,それ以後県都として発展した。…

※「松平頼重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松平頼重の関連キーワード高松城(香川県高松市)紀太理兵衛(初代)高松[市]紀太理兵衛自然教育園北川伊兵衛欄間彫刻松平頼豊矢延平六生年月日松平頼桓住吉広夏徳川綱条栗林公園松平可正猪熊千倉下館城志度寺竹内流八栗寺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松平頼重の関連情報