コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松庵宗栄 しょうあん そうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松庵宗栄 しょうあん-そうえい

1423-1504 室町時代の僧。
応永30年生まれ。曹洞(そうとう)宗。陸奥(むつ)の人。美濃(みの)(岐阜県)天徳寺在仲宗宥(ざいちゅう-そうゆう)に師事し,その法をつぐ。文明11年下総(しもうさ)乗国寺(茨城県)の開山(かいさん)となる。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼったのち,ふたたび乗国寺にかえる。紫衣(しえ)をさずけられ,僧綱(そうごう)となった。永正(えいしょう)元年7月2日死去。82歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松庵宗栄の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android