コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松房 マツブサ

デジタル大辞泉の解説

まつ‐ぶさ【松房】

マツブサ科の落葉性の蔓(つる)植物。葉は広楕円形。ふつう雌雄異株。6月ごろ、淡黄色の小花が下向きに咲き、藍黒色の丸い実が房状にできる。つるを傷つけると松の匂いがする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつぶさ【松房】

マツブサ科のつる性落葉小低木。山地に自生。葉は広卵形。雌雄異株。初夏、開花。房状の果実は青黒色に熟し食べられる。つるは松の香があり、乾燥させて松藤しようとうと称し浴用に用いる。ウシブドウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

松房 (マツブサ)

学名:Schisandra nigra
植物。マツブサ科の落葉つる性植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

松房の関連キーワード川西 清兵衛毛織物工業兼松[株]兼松房治郎末松謙澄毎日新聞広卵形自生兼松山地

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android