コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本尚勝 まつもと なおかつ

2件 の用語解説(松本尚勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本尚勝 まつもと-なおかつ

1468-1524 室町-戦国時代の剣術家。
応仁(おうにん)2年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の大掾(だいじょう)鹿島家4家老のひとりで,鹿島神宮の神職。飯篠(いいざさ)長威斎に剣をまなび,鹿島神流(鹿島神陰流)の開祖となる。大永(たいえい)4年高間ケ原の戦いで討ち死に。57歳。別名に政信。通称は備前守。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松本尚勝

没年:大永4(1524)
生年:応仁1(1467)
室町時代の剣術家。鹿島神流の開祖。名は守勝,のち尚勝。飯篠長威の門人であったが,鹿島神宮(茨城県)に祈願して源義経が奉納した秘書を手に入れ,鹿島神流を開創したという。鹿島神流は飯篠の兵法を基にしながらも,陣鎌,薙刀,十文字(槍),片鎌などにおける術技は松本の完成したもので,合戦用の総合武術であった。代々松本家は鹿島神宮の神官で,常陸大掾鹿島家の四家老のひとつであった。しかし鹿島家は永正期以来,一族・支族間の内訌が表面化し,ついには当主の廃立問題で鹿島義幹率いる軍と戦い,奮戦の末に討死した。

(藤堂良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本尚勝の関連キーワード大束万兵衛鹿島武主新免無二斎祖父尼半九郎堤宝山富田九郎左衛門夏見族之助間宮五郎兵衛吉留渉和田兵斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone