コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本流 まつもとりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本流
まつもとりゅう

日本舞踊の一流派。歌舞伎俳優の松本幸四郎家元とする。藤間流 (勘右衛門家) 家元で3世勘右衛門を名のっていた7世幸四郎が,松本家に伝わる流儀を確立するため,4世,5世幸四郎の流れをくむ一門を統合して家元を樹立。 1949年,7世の隠居を機会に次男順次郎 (8世幸四郎) がこれを継ぎ,名実ともに1世家元となった。 81年6世市川染五郎が9世幸四郎を襲名,同時に2世家元を継いだ。ほかに明和から寛政年間 (1764~1801) に歌舞伎の女方所作事をよくした1世松本米三郎を流祖とする松本流米三 (よねさ) 派と,姫路の藩士松本宗七が能の舞に武技を加味して一流を編出した松本流御殿ぶがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

松本流の関連キーワード松本五郎市日本舞踊椿弓里奈上方舞

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松本流の関連情報