コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤間流 ふじまりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤間流
ふじまりゅう

日本舞踊の一流派勘兵衛家,勘十郎家,勘右衛門家の3家に分れている。藤間は歌舞伎舞踊の振付の家で,劇場向きの大間 (おおま) な振りが特色。流祖は1世藤間勘兵衛で,代々勘兵衛を称したが,文化文政年間 (1804~30) の振付の名手といわれた3世勘兵衛が1世勘十郎と改名し,以後この名義を襲名する家柄を勘十郎家という。勘兵衛の名は女系で継いだため劇場振付から離れ,9世で絶えた。また勘十郎も2世以後女系で継いだため劇場の振付師としての地位を失い,あとから出た1世勘右衛門が劇場振付となった。勘右衛門家は2世勘十郎の門弟1世勘右衛門に始り,その子2世勘右衛門が,9世市川団十郎に登用され,1世花柳寿輔の没後大正にわたって全盛時代を築いたが,1917年 10月養子の金太郎 (7世松本幸四郎) に3世を譲り,勘翁と改めた。4世は3世の3男豊で,6世尾上菊五郎の門弟として尾上松緑を名のり,37年家元を襲名し,3世勘右衛門は勘斎と改めてその後見となった。松緑は 75年,その子辰之助に5世を襲名させ,2世勘斎となった。 89年辰之助の長男尾上左近 (2世辰之助) が6世を襲名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

藤間流【ふじまりゅう】

日本舞踊の流派。2家あり,ともに18世紀の振付師藤間勘兵衛〔?-1769〕を流祖とする。3世勘兵衛〔?-1821〕が藤間勘十郎と一時名乗ったのに始まる勘十郎家は,3世勘兵衛を代数に数えず,現在7世。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

藤間流

日本舞踊の流派のひとつ。江戸時代の歌舞伎振付師、藤間勘兵衛を祖とする。勘兵衛の名跡断絶しており、現在も続く藤間流は勘十郎系と勘右衞門(かんえもん)系の2派に大別される。

藤間流

日本舞踊の流派のひとつ。江戸時代の歌舞伎振付師、藤間勘兵衛を祖とする藤間流(勘兵衛の名跡はのちに断絶)の流れを汲み、俗に勘右衞門系と称される。7代市川団十郎門下の市川金太郎が、宗家藤間流(勘十郎系)の初代藤間勘十郎に入門、初代藤間勘右衛門を名乗り流祖となる。3代勘右衛門は7代松本幸四郎が襲名し、以後の家元は代々歌舞伎俳優を兼ねる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじまりゅう【藤間流】

日本舞踊の流派。藤間流には勘十郎家と勘右衛門家の2派があり,流祖はともに藤間勘兵衛である。(1)勘十郎家 3世勘兵衛(一時,勘十郎と改名。名義初世勘十郎)の養子2世藤間勘十郎が始祖とされ,3世から6世まで女系によって名跡が伝えられた。1927年6世尾上梅幸の門弟梅雄が養子に入り,勘十郎を襲名,歌舞伎の名振付師として活躍した。家系としては,3世勘兵衛を代数に数えないため,6世を名のった。83年6世の長女康詞(みちのり)が7世宗家を相続した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふじまりゅう【藤間流】

日本舞踊の一流派。宝永年間(1704~1711)に歌舞伎舞踊の振付師藤間勘兵衛(初世)が創始。現在、勘十郎家(茅場町派)と勘右衛門家(浜町派)に分かれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤間流
ふじまりゅう

日本舞踊の流派。流祖は初世藤間勘兵衛(ふじまかんべえ)(?―1769)であるが、この名跡は現在継承されていない。藤間勘十郎を継ぐ家系と、藤間勘右衞門(ふじまかんえもん)を継ぐ家系の二つに大別される。
(1)勘十郎家 当家系では、勘十郎を名のっていた(1798~1819)3世勘兵衛を代数に数えず、彼の養子の勘十郎(名義としては2世。1796―1840)を元祖(初世)とする。この元祖と6世(名義としては7世。1900―90。90年に2世藤間勘祖となる)が大きな存在。3世勘兵衛の養子の一人に後の4世中村歌右衛門があり、門弟からは後の4世西川扇蔵(せんぞう)が出た。6世は劇場振付けを一手に占めるほど活躍し、歌舞伎(かぶき)俳優の門弟多数。1983年(昭和58)6世の長女が7世宗家藤間康詞(みちのり)を名のり、90年(平成2)に7世藤間勘十郎を襲名。その長男が2世康詞を名のった。のち2002年に2世康詞は8世勘十郎を襲名。なお6世勘十郎の妻、藤間紫(むらさき)は88年、紫派藤間流を創流して家元となった。
(2)勘右衞門家 初世(1813―51)は7世市川団十郎の門弟市川金太郎で、2世(勘十郎家でいう初世)勘十郎に入門(一説には3世勘兵衛に師事)、勘右衞門を名のる。2世(1840―1925)が歌舞伎座の振付師となり、隆盛の基盤を築いた。3世(1870―1949)は流儀を発展させた7世松本幸四郎で、彼以降は代々歌舞伎俳優を兼ね、4世(1913―89)は2世尾上松緑(おのえしょうろく)、5世(1946―87)は1975年(昭和50)襲名。初世尾上辰之助(たつのすけ)(没後、3世尾上松緑を追贈)であった。6世(1975― )は93年(平成5)襲名。4世尾上松緑である。当流派門下に藤間政弥(まさや)、藤間藤子(ふじこ)ら、優れた人材を輩出した。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の藤間流の言及

【日本舞踊】より

…しかし流派はまた新しい流派や分派を生み,宗家,分家家元などの名称も生じており,現在流派の数は150を超え,今後ますます分派していく傾向にある。 振付師から出た流派では,志賀山万作を流祖とする志賀山流,江戸の振付師藤間勘兵衛から出た藤間流,西川仙蔵を祖とする西川流,幕末期から明治にかけて活躍した初世花柳寿輔が開いた花柳流,若柳吉松の若柳流や,市山七十郎の市山流等がある。また俳優の家から出たものに3世中村歌右衛門を初世とする中村流があり,同じ中村流を名のるものに,初世中村富十郎を祖とするもの,中村弥八(1703‐77)を祖とする虎治派,3世坂東三津五郎より出た坂東流があり,そのほか水木流,岩井流,市川流,尾上流等がある。…

※「藤間流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤間流の関連キーワード藤間 寿右衛門(1代目)藤間 勘十郎(4代目)藤間 寿右衛門(初代)藤間 勘十郎(3代目)藤間 藤之助(2代目)尾上 松緑(2代目)藤間勘右衛門(初代)藤間勘右衛門(2代)藤間勘兵衛(3代)藤間勘兵衛(初代)紋三郎派藤間流河原崎國太郎大久保なつみしのはら実加藤間 小伊勢尾上 栄五郎藤間 勘五郎藤間 勘紫佐藤間 勘志満三喜 八千代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤間流の関連情報