コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村大成 まつむら たいせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村大成 まつむら-たいせい

1808-1867 江戸時代後期の医師。
文化5年生まれ。肥後(熊本県)玉名郡の医師松村安貞の長男。永鳥三平の兄。富田文山にまなび,家塾をひらく。清川八郎,真木和泉(いずみ)らとまじわり,尊攘(そんじょう)運動を推進した。慶応3年1月12日死去。60歳。名は古文。号は空谷

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松村大成

没年:慶応3.1.12(1867.2.16)
生年:文化5(1808)
幕末の尊攘派志士,医者。肥後国玉名郡安楽寺村(熊本県玉名市)に医者松村安貞の長男として生まれる。名は古文,号は空谷,大成は通称。九州では筑前の平野国臣,筑後の真木和泉と並び称される尊王家で,肥後藩尊攘派の重鎮。特に文久2(1862)年の島津久光上洛の前後には,全国より志士たちが彼のもとに参集した。久光に従って上京したが,同3年,8月18日の政変で郷里に蟄居を命じられた。その後も尊攘派の活動を物心両面から支え,孝明天皇の死を嘆きつつ病没する。同じく幕末の志士永鳥三平は実弟,松村新造(深蔵)は実子である。<参考文献>本田光彦『松村大成・永鳥三平両先生伝』

(三澤純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松村大成の関連キーワード是枝柳右衛門内田弥三郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松村大成の関連情報