コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村文次郎 まつむら ぶんじろう

2件 の用語解説(松村文次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村文次郎 まつむら-ぶんじろう

1839-1913 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)10年3月2日生まれ。明治12年新潟県議に当選,初代議長となる。北辰自由党にくわわり,自由民権運動で活躍。23年衆議院議員(当選2回)。柏崎活版印刷社長。愛硯(あいけん)家としても知られた。大正2年9月23日死去。75歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松村文次郎

没年:大正2.9.23(1913)
生年:天保10.3.2(1839.4.15)
明治期の民権家,政党政治家。越後国刈羽郡柏崎町(新潟県柏崎市)に出生。漢学を学ぶ。明治12(1879)年新潟県会議員に当選,同時に初代県会議長に就任。15年刈羽郡自由党結成。同年北辰自由党に参加。翌16年には星亨,新井章吾らと共に自由党常議員に選出される。大同団結運動期には鈴木昌司,西潟為蔵,山際七司らと共に越佐同盟会を結成(1889),その評議員となる。第1,2回の総選挙に当選。しかし第3,4回と連続して落選し,政界の第一線からは退いた。柏崎活版印刷会社社長となる(1882)など,実業界にも足跡を残している。

(村瀬信一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

松村文次郎の関連キーワードタンジマート新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧デトリングバルカン戦争光の科学史中根淑

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone