コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村文次郎 まつむら ぶんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村文次郎 まつむら-ぶんじろう

1839-1913 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)10年3月2日生まれ。明治12年新潟県議に当選,初代議長となる。北辰自由党にくわわり,自由民権運動で活躍。23年衆議院議員(当選2回)。柏崎活版印刷社長。愛硯(あいけん)家としても知られた。大正2年9月23日死去。75歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松村文次郎

没年:大正2.9.23(1913)
生年:天保10.3.2(1839.4.15)
明治期の民権家,政党政治家。越後国刈羽郡柏崎町(新潟県柏崎市)に出生。漢学を学ぶ。明治12(1879)年新潟県会議員に当選,同時に初代県会議長に就任。15年刈羽郡自由党結成。同年北辰自由党に参加。翌16年には星亨,新井章吾らと共に自由党常議員に選出される。大同団結運動期には鈴木昌司,西潟為蔵,山際七司らと共に越佐同盟会を結成(1889),その評議員となる。第1,2回の総選挙に当選。しかし第3,4回と連続して落選し,政界の第一線からは退いた。柏崎活版印刷会社社長となる(1882)など,実業界にも足跡を残している。

(村瀬信一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

松村文次郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android