コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦屏風 まつうらびょうぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松浦屏風
まつうらびょうぶ

江戸時代初期の遊楽人物図屏風。作者不詳。制作時期は寛永年間 (1624~44) といわれる。国宝。大和文華館蔵。金地着色6曲1双の屏風で,金地の画面に絢爛たる衣装の大柄な婦女を描く。画題的には琴棋書画見立ての風俗図といいうるが,また「誰 (た) が袖屏風」の前段階とも考えられる。染織工芸の美と絵画芸術が一体化した作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

松浦屏風【まつうらびょうぶ】

江戸初期に描かれた六曲一双の風俗図屏風。金地に,はなやかな衣装をつけた遊女たちをほとんど等身大に描いたもので,舶載品の煙管(きせる)や,かるたロザリオ等を描きこみ,風俗画としての興趣を添える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

松浦屏風の関連キーワード彦根屏風

松浦屏風の関連情報