コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金地 キンジ

デジタル大辞泉の解説

きん‐じ〔‐ヂ〕【金地】

紙・布・塗り物などの地に、金箔(きんぱく)を押したり金泥を塗ったりしたもの。

こん‐ち【金地】

仏寺異称須達(しゅだつ)長者黄金を敷きつめて園林を買い取り、精舎(しょうじゃ)を建てて釈迦に奉った故事による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんじ【金地】

紙・布・塗り物などの地に、金箔きんぱくや金泥きんでいを塗ったもの。

こんち【金地】

〘仏〙 〔須達すだつ長者が黄金をしきつめて樹林を買い取り祇園精舎を建てて釈迦に奉った故事による〕 寺。金田こんでん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金地の関連キーワード京都府京都市東山区三十三間堂廻り町京都府京都市左京区南禅寺福地町トゥーハー祭壇の画家彦根屏風・彦根屛風スフォンド・ドーロ金地金本位制度ビザンチン様式風神雷神図屏風ゴールドチョコ金為替本位制度紅白梅図屏風燕子花図屏風本光国師日記金為替本位制金地金本位制唐獅子図屏風金核本位制度金塊本位制金輸出禁止金核本位制

金地の関連情報