コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦鎮信(1) まつら しげのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦鎮信(1) まつら-しげのぶ

1549-1614 戦国-江戸時代前期の大名。
天文(てんぶん)18年生まれ。松浦隆信(たかのぶ)(道可)の長男。永禄11年家督をつぎ,天正(てんしょう)15年豊臣秀吉に肥前平戸(長崎県)6万3200石を安堵(あんど)され,平戸藩主松浦家初代。関ケ原の戦いでは東軍に属し本領を維持。慶長6年の致仕後も藩政を後見した。オランダ,イギリスの商館をたてさせ,平戸貿易の基礎をきずく。慶長19年5月26日死去。66歳。通称は源三郎。号は宗信,宗静。式部卿法印。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松浦鎮信(1)の関連キーワードキリシタン関係主要人名キリシタン岡田幸樹藤田清二細川智三日和佐裕子竹内清人久保和明ケットの乱日本史

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android