松田竹千代(読み)まつだ たけちよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田竹千代 まつだ-たけちよ

1888-1980 昭和時代の政治家。
明治21年2月2日生まれ。中学を中退して渡米。帰国後,大森安仁子(あにこ)とめぐりあい,労働者簡易宿泊施設有隣園を設立した。昭和3年衆議院議員(当選12回,自民党)。郵政相,文相をつとめ,44年衆議院議長となる。妻は大森兵蔵の姪(めい)澄江。昭和55年12月1日死去。92歳。大阪出身。ニューヨーク大卒。
格言など】自分が健康で,かつその能力が少しでもまさっていると自覚したならば,その分を社会にお返しすべきだ(「無宿の足跡」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android