大森兵蔵(読み)おおもりひょうぞう

百科事典マイペディアの解説

大森兵蔵【おおもりひょうぞう】

近代スポーツの紹介者,指導者。1905-1907年,アメリカの国際YMCAキリスト教青年会)トレーニング・スクールで体育学などを学ぶ。帰国後東京YMCA体育部初代主事に就任,バスケットボールバレーボールを初めて本格的に紹介。一方で私財を投じてセツルメントハウス有隣園を開くなど,社会福祉面でも活動。1912年に大日本体育協会日本体育協会前身)総務理事となり,同年日本が初参加したストックホルムオリンピックの監督として開催地に赴くが,帰国途中にアメリカ・カリフォルニア州パサデナで肺結核のため死去。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森兵蔵 おおもり-ひょうぞう

1876-1913 明治時代のスポーツ指導者。
明治9年3月14日生まれ。スタンフォード大をへて,国際YMCAトレーニング学校で体育学をまなぶ。明治41年妻アニー(日本名は安仁子)をつれて帰国。バスケットボールをはじめて日本に紹介し,44年嘉納治五郎らと大日本体育協会を創設。日本が初出場したストックホルム五輪の選手団監督をつとめたが,帰国途中の大正2年1月15日アメリカで病死。38歳。岡山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大森兵蔵

没年:大正2.1.15(1913)
生年:明治9.3.14(1876)
明治時代の体育家。東京YMCA初代体育主事。バスケットボールの紹介者。岡山県生まれ。明治34(1901)年渡米,スタンフォード大学で経済学を学ぶが,スプリングフィールドの国際YMCAトレーニング・スクールに転学,体育学を学んだ。米国女性と結婚,41年帰国。44年,嘉納治五郎らと共に大日本体育協会を創設。翌年,日本初参加の第5回オリンピック・ストックホルム大会に選手団監督として参加。帰途,米国で肺結核が悪化,カリフォルニア州パサディナで死去。<著作>『オリンピック式陸上運動競技法』<参考文献>水谷豊『白夜のオリンピック―幻の大森兵蔵をもとめて―』

(大熊廣明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおもりひょうぞう【大森兵蔵】

1876‐1913(明治9‐大正2)
近代スポーツ競技の紹介者,指導者。1905-07年,アメリカ・マサチューセッツ州の当時の国際YMCAトレーニング・スクールで近代体育・スポーツの諸分野を学び,08年に帰国。東京YMCA体育部の初代主事に就任し,“発祥の地”で体験してきたバスケットボールとバレーボールを初めて本格的に日本に伝えた。さらに,在米中に結婚していた夫人のアニーとともに私財を投じてセツルメントハウス〈有隣園〉を開き,社会福祉活動でも貢献。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大森兵蔵の言及

【バスケットボール】より

…しかし,彼が卒業後日本に紹介した記録はない。1908年,国際YMCAトレーニング・スクールで学んで帰国した大森兵蔵が東京YMCA体育主事となって初めて本格的に伝えた。ところが,彼は13年にアメリカで客死したので,発展の端緒を開くまでには至らなかった。…

【バレーボール】より

…さらに,1988年に日本を発祥地として始められたソフトバレーボール(ソフトバレー)は94年のワールド・シニアゲームで初めて紹介されてから世界的な普及を見せ,アメリカ,韓国,台湾,シンガポール,インドネシア,マレーシアなどでの人気が高い。
[日本]
 1908年アメリカのマサチューセッツ州スプリングフィールドの国際YMCAトレーニング・スクールで学んで帰国し東京YMCA体育主事となった大森兵蔵が,初めて日本に紹介した。しかし彼は13年に死去したため本格的普及には至らなかった。…

※「大森兵蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android