松阪広政(読み)まつざか ひろまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松阪広政 まつざか-ひろまさ

1884-1960 大正-昭和時代の司法官,弁護士。
明治17年3月25日生まれ。43年司法省にはいり,大正元年検事。昭和16年検事総長。小磯(こいそ)内閣,鈴木内閣の法相をつとめる。この間,三・一五事件,四・一六事件を担当,また戦時下の思想弾圧を指揮。20年貴族院議員。戦後A級戦犯の容疑で逮捕されたが釈放され,23年弁護士登録。昭和35年1月5日死去。75歳。京都出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android