コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉良顕 いたくら よしあき

1件 の用語解説(板倉良顕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉良顕 いたくら-よしあき

1837-1880 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)8年10月15日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。尊攘(そんじょう)派に属し,元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の薄井竜之を実兄岡谷繁実(しげざね)の家にかくまう。一時,藩籍をしりぞくが,明治元年京都で正親町三条実愛(おおぎまちさんじょう-さねなる)に随従,本藩にもどり新政府の行政官につとめた。明治13年6月28日死去。44歳。本姓は岡谷。通称は三次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

板倉良顕の関連キーワード紙幣整理スタング(父子)アフガン戦争ブラウンオランダ文学マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone