コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉良顕 いたくら よしあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉良顕 いたくら-よしあき

1837-1880 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)8年10月15日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。尊攘(そんじょう)派に属し,元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の薄井竜之を実兄岡谷繁実(しげざね)の家にかくまう。一時,藩籍をしりぞくが,明治元年京都で正親町三条実愛(おおぎまちさんじょう-さねなる)に随従,本藩にもどり新政府の行政官につとめた。明治13年6月28日死去。44歳。本姓は岡谷。通称は三次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

板倉良顕の関連キーワード紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)スタング(父子)アフガン戦争エンゲルスブラウン地獄の門明治維新オランダ文学オーストラリア・ニュージーランド文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android