板谷慶舟(読み)いたやけいしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板谷慶舟
いたやけいしゅう

[生]享保14(1729)
[没]寛政9(1797).8.29. 江戸
江戸時代中期の画家。幼名広度 (ひろのり) 。江戸幕府絵師住吉広守の門人で,住吉広当 (ひろまさ) と称する。安永6 (1777) 年住吉家家系と幕府絵師職を継承。天明1 (81) 年姓と職を広守の子広行に返して板谷氏を名のり,新たに幕府絵師となり赤坂丹後坂に居住。のち仏門に入って慶舟,寛政8 (96) 年より桂舟と号した。子孫は代々桂舟の号を用いて絵師職を継承,この家系の画家を板谷派と呼ぶ。画風は住吉派と類似し形式的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板谷慶舟 いたや-けいしゅう

1729-1797 江戸時代中期-後期の画家。
享保(きょうほう)14年生まれ。住吉広守に師事し,安永2年(1773)その推挙で幕府御用絵師となり,慶舟のち桂舟を名のる。6年広守没後の住吉家をつぎ,のち長男広行に住吉家をつがせ板谷姓にもどる。以後,板谷家は幕府御用絵師として桂舟,桂意を隔代に号した。寛政9年8月21日死去。69歳。名は広当(ひろまさ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android