コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枕雲 ちんうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

枕雲 ちんうん

1759-1811 江戸時代後期の漢詩人,歌人。
宝暦9年生まれ。備後(びんご)(広島県)浄土真宗本願寺派明浄寺の住職。村瀬栲亭(こうてい),小沢蘆庵(ろあん),上田秋成らにまなぶ。村田春海(はるみ)への反論の書「雅俗再弁」をかき,秋成の歌文集「藤簍冊子(つづらぶみ)」を編集。菅茶山(ちゃざん)・恥庵兄弟らとしたしかった。文化8年3月11日死去。53歳。法名は了詮。字(あざな)は昇道。別号に間斎,竹間斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

枕雲の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]クライストポンバルスミートンナポリ王国ハレ・ウィッテンベルク大学細井平洲ボルテールワシントン(George Washington)釧雲泉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android