コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤簍冊子 つづらぶみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤簍冊子
つづらぶみ

江戸時代後期の歌文集上田秋成著。6巻6冊。文化3 (1806) ~4年刊。前半3巻のうち巻一,巻二は歌集で,秋成の歌集としては唯一のまとまったもの。巻三は紀行。後半3巻は擬古文集。巻末には付録として妻の瑚 璉尼の遺稿2編を収める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つづらぶみ【藤簍冊子】

江戸時代の歌文集。上田秋成著。1805年(文化2)3冊本刊,翌年に6冊本として出版。寛政(1789‐1801)初年から享和(1801‐04)にかけて秋成が書きとめて身辺のつづらに入れておいた和歌や長歌,紀行文,折々の随想などをまとめたもので,文人秋成の内面を伝える資料として貴重。〈月の前〉〈剣の舞〉などの歴史物語を収めるほか,付録として亡妻瑚璉尼の文章2編が添えられている。【中村 博保】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つづらぶみ【藤簍冊子】

歌文集。六巻。上田秋成作。昇道編。1802年成立。1805~06年刊。和歌・紀行・文集から成る。歌は万葉・古今にかかわらない自由な歌風であり、紀行・文集は雅文体で流麗である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藤簍冊子の関連キーワード古今万葉歌風枕雲

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android