コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤簍冊子 つづらぶみ

4件 の用語解説(藤簍冊子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤簍冊子
つづらぶみ

江戸時代後期の歌文集。上田秋成著。6巻6冊。文化3 (1806) ~4年刊。前半3巻のうち巻一,巻二は歌集で,秋成の歌集としては唯一のまとまったもの。巻三は紀行。後半3巻は擬古文集。巻末には付録として妻の瑚 璉尼の遺稿2編を収める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つづらぶみ【藤簍冊子】

江戸後期の歌文集。6巻。上田秋成著。享和2年(1802)成立、文化2~3年(1805~06)刊。流麗な雅文体で記された紀行・文集と和歌からなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つづらぶみ【藤簍冊子】

江戸時代の歌文集。上田秋成著。1805年(文化2)3冊本刊,翌年に6冊本として出版。寛政(1789‐1801)初年から享和(1801‐04)にかけて秋成が書きとめて身辺のつづらに入れておいた和歌や長歌,紀行文,折々の随想などをまとめたもので,文人秋成の内面を伝える資料として貴重。〈月の前〉〈剣の舞〉などの歴史物語を収めるほか,付録として亡妻瑚璉尼の文章2編が添えられている。【中村 博保】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つづらぶみ【藤簍冊子】

歌文集。六巻。上田秋成作。昇道編。1802年成立。1805~06年刊。和歌・紀行・文集から成る。歌は万葉・古今にかかわらない自由な歌風であり、紀行・文集は雅文体で流麗である。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤簍冊子の関連キーワード羽倉信美胆大小心録うけらが花琴後集橿園集浅茅が宿 秋成幻想上田瑚璉枕雲宝山文蔵(11代)森山重雄

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone