コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林承賢 はやし しょうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林承賢 はやし-しょうけん

1929-1956 昭和時代の僧。
昭和4年3月19日生まれ。昭和19年得度し,鹿苑寺(ろくおんじ)(金閣寺)の徒弟となる。25年7月2日国宝の金閣寺に放火,焼失させた。動機を「金閣の優美さをのろい,反感をおさえきれなかった」と自供。懲役7年の刑をうけ,獄中で昭和31年3月7日病死。26歳。三島由紀夫の小説「金閣寺」のモデル。京都出身。大谷大中退。本名は養賢。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林承賢の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android