鹿苑寺(読み)ろくおんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿苑寺
ろくおんじ

京都府京都市北区にある寺。通称は金閣寺応永4(1397)年足利義満が鎌倉時代からの西園寺家山荘を買い取り,別荘北山殿を建設,同 15年義満の死後,遺命により臨済宗相国寺派(→相国寺)の禅寺として鹿苑寺と呼ばれることになった。建造物の大半は近世までに焼失あるいは移築され,金閣と呼ばれる楼閣だけが北山殿の遺構。3層の楼閣で最上層を仏殿風に,1,2層を住宅風につくり,周囲に金箔を押していたため金閣の名で呼ばれる。かつてはこの背後に 2層の天鏡閣が控え,金閣とは 2階からかけ渡した廊下で結ばれていたとされる。1950年放火で焼失,1955年に再建。金閣の前の庭は室町初期に改修されたが,池中の島の配置などに山荘時代の面影を残す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

鹿苑寺【ろくおんじ】

京都市北区金閣寺町にある臨済宗相国寺派の寺。金閣寺と通称。本尊聖観音。14世紀,足利義満が西園寺邸に別荘山殿を建て,死後遺命により夢窓疎石開山として寺としたのに始まる。応仁・文明の乱で荒廃,江戸時代に本堂,書院など一部が再建された。創建以来残っていた金閣(舎利殿)は1950年放火により焼失し,1955年復元。全3層のうち上部2層の周囲に金箔(きんぱく)を張った楼閣建築で,初層の法水院(ほうすいいん),観音を安置する2層の潮音洞(ちょうおんどう)は寝殿造風,3層の究竟頂(くきょうちょう)は禅宗仏殿風になっている。庭園は鎌倉時代のものを室町時代に改造したもので,平安時代の趣を残す名園。大書院障壁画,足利義満画像などの重要文化財がある。1994年世界文化遺産に登録。
→関連項目北[区]北山文化京都[市]古都京都の文化財(京都市,宇治市,大津市)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくおんじ【鹿苑寺】

京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺。北山と号し,通称〈金閣寺〉で有名。現寺地辺には公家の西園寺家の山荘があったが,これを足利義満が譲り受けて,1397年(応永4)から北山殿(きたやまどの)の造営に着手し,翌年義満はここに移った。以後1408年の義満没年までの10年間,北山殿は室町幕府政治の中心となった。当寺は義満の没後,嗣子の義持が北山殿のうちの舎利殿(金閣)を中心とする一部を,夢窓疎石を勧請開山として寺に改めたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿苑寺
ろくおんじ

京都市北区金閣寺町にある寺。金閣寺と称し、銀閣寺(慈照寺(じしょうじ))とともに一般に広く知られている。北山(ほくざん)と号し、臨済(りんざい)宗相国寺(しょうこくじ)派に属する。本尊は聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)。もとこの地には西園寺(さいおんじ)家の山荘北山殿(きたやまどの)があったが、1397年(応永4)足利(あしかが)3代将軍義満(よしみつ)がこれを譲り受け、金閣などの殿楼を造営したのが、その始まりである。1408年義満の没後、遺命によって子の義持(よしもち)がこれを禅寺に改め、夢窓疎石(むそうそせき)を請(しょう)じて開山とし、いまの寺名をたてた。この寺名は、釈迦(しゃか)の最初の説法の場所である鹿野苑(ろくやおん)からとったものである。当時は紫雲殿(しうんでん)、天上間(公卿(くぎょう)間)、拱北楼(きょうほくろう)、金閣、反橋(そりはし)、芳徳(ほうとく)殿、天鏡閣、泉殿、護摩(ごま)堂、懺法(せんぽう)堂、舎利(しゃり)殿、小御堂(みどう)、地蔵堂、看雲(かんうん)亭、塔、輪蔵、鐘楼(しょうろう)、総門、四足門などが備わり、壮観を極めたが、のち紫雲殿、天鏡閣は南禅寺に、天上間は建仁寺(けんにんじ)に、懺法堂は等持寺(とうじじ)に移転された。また文正(ぶんしょう)年間(1466~1467)小御堂が炎上し、そのうえ応仁(おうにん)の乱(1467~1477)で芳徳殿など多くの堂舎が破壊された。しかし、天正(てんしょう)年間(1573~1592)の不動堂の再建に始まり、夕佳(せっか)亭、方丈の造建など徐々に堂舎の修理、復興が行われ、1904~1906年(明治37~39)には金閣の大修繕がなされた。現に、金閣、方丈(本堂)、不動堂、大書院、夕佳亭などがあり、方丈には本尊の観音(かんのん)像のほか、夢窓疎石、足利義満の像がある。中心となる金閣は三層楼で創建当時のまま現存していたが、1950年(昭和25)放火によって焼失。現在のものは1955年に同じ様式で再建されたものである。初層は平安後期の寝殿造に擬し、中層は鎌倉期の武家造、上層は仏殿造で唐様(からよう)を用い、各層に変化をもたせるとともに、内外すべて漆地(うるしじ)に金箔(きんぱく)を押してあるが、三十有余年を経て剥落(はくらく)や傷がひどくなったため、1986年2月より大規模な修復工事が行われ、1987年10月に創建当時の姿をよみがえらせた。庭園は特別史跡・特別名勝。1994年(平成6)、鹿苑寺は世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。京都の文化財は清水寺など17社寺・城が一括登録されている)。[平井俊榮]

(きたやまだいとう)">北山大塔(きたやまだいとう)

足利義満が、北山殿に建立したとされる七重塔のこと。室町時代には、義満の命で建立された相国寺の七重塔(高さ約109メートル)が、国内でもっとも高い塔だった。この塔が1403年(応永10)に焼失したため、1404年に現在の金閣寺がある北山殿で立柱の儀が行われ、焼失した塔に匹敵する高さの塔が建立されたと考えられている。しかし、これまでは完成前の1416年に落雷で焼失した記録が残されているほかには、当時の建設位置や建物の状態を示す具体的な史料はみつかっていなかった。2016年(平成28)、京都市埋蔵文化研究所は塔の最上部に突き出た尖塔(せんとう)を飾る相輪(そうりん)の一部分とみられる破片が発掘されたと発表した。破片の大きさは最大のもので幅37.4センチメートル、高さ24.6センチメートル、厚さ1.5センチメートル。相輪を構成する九輪(くりん)の一部とみられ、青銅の材質で金メッキが施されていた。さらに、発掘成果をもとに東寺(教王護国寺)に伝存する古文書、東寺百合文書(ひゃくごうもんじょ)を調べたところ、立柱の儀に先だつ具体的な起工準備状況などが記された箇所がみつかった。文献面からも北山大塔の実存の可能性が濃厚になった。[編集部]
『『古寺巡礼 京都20 金閣寺・銀閣寺』(1977・淡交社) ▽関野克編『日本の美術 153 金閣と銀閣』(1979・至文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ろくおん‐じ ロクヲン‥【鹿苑寺】

京都市北区金閣寺町にある臨済宗相国寺派の寺。山号は北山。金閣寺の通称で知られる。応永四年(一三九七)足利義満が西園寺家の山荘北山第を譲り受けて北山殿と称したのを、義満の死後、その遺命で子の義持が寺としたもの。開山は夢窓疎石。義満が造営した十数棟の殿舎のうち三層の楼閣、金閣だけが残っていたが昭和二五年(一九五〇)焼失、同三〇年再建された。北山を借景とする庭園は国特別名勝・特別史跡に指定されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿苑寺の関連情報