林道温泉(読み)りんどうおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林道温泉
りんどうおんせん

富山県南西部、南砺(なんと)市林道の高清水(たかしょうず)山北麓(ろく)にある温泉。泉質は二酸化炭素泉で、ラムネの湯として知られる冷泉である。[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android