林道温泉(読み)りんどうおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林道温泉
りんどうおんせん

富山県南西部、南砺(なんと)市林道の高清水(たかしょうず)山北麓(ろく)にある温泉。泉質は二酸化炭素泉で、ラムネの湯として知られる冷泉である。[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android