コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高清水 たかしみず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高清水
たかしみず

宮城県北部,栗原市南部の旧町域。仙北平野の中部にある。 1902年町制。 2005年築館町,若柳町,栗駒町,一迫町,瀬峰町,鶯沢町,金成町,志波姫町,花山村と合体して栗原市となった。中心地区の高清水は迫川 (はさまがわ) の支流小山田川沿いの築館台地南部にあり,江戸時代には陸羽街道 (→奥州街道 ) の宿場町で,仙北平野の商業中心地。江戸時代から続いている互市が3月と 10月の牟良佐喜神社 (むらさきじんじゃ) 祭礼日に開かれる。養豚が行なわれ,電機部品,食品などの工場が立地。古くから泉が多く,藤原基衡が建立した日本三善光寺の一つ高清水善光寺がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たかしみず【高清水】

秋田の日本酒。酒名は、一般公募により命名されたもので、大和朝廷東北地方の拠点とした秋田城址がある「高清水の丘」に由来。大吟醸酒「瑞兆」は精米歩合35%で仕込み、袋吊りで搾る。ほかに純米酒、本醸造酒などがある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は美山錦、山田錦など。仕込み水は雄物川伏流水。蔵元の「秋田酒類製造」は昭和19年(1944)酒造業者24社が合併し創業。所在地は秋田市川元むつみ町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

高清水

秋田県、秋田酒類製造株式会社の製造する日本酒。大吟醸酒「嘉兆」「和兆」「瑞兆」、吟醸酒「酒乃国」「しみずの舞」などを揃える。平成21、22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。「高清水」の「たか」は正確には「ハシゴ高」。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高清水
たかしみず

宮城県北部、栗原(くりはら)郡にあった旧町名(高清水町(まち))。現在は栗原市の南東部を占める地域。旧高清水町は、1902年(明治35)町制施行。2005年(平成17)築館(つきだて)、若柳(わかやなぎ)、栗駒(くりこま)、一迫(いちはさま)、瀬峰(せみね)、鶯沢(うぐいすざわ)、金成(かんなり)、志波姫(しわひめ)の8町および花山(はなやま)村と合併して市制施行し、栗原市となった。北部はなだらかな丘陵、南部は大崎平野に続く水田地帯。国道4号が通じる。中心の高清水地区は、近世には仙台藩の重臣石母田(いしもだ)氏の小城下町、また奥州街道の宿場町で、本陣跡が残っている。農業中心であったが、近年電器部品などの工場が誘致された。林道工事中に発見された銅製「極楽寺印」は県指定文化財。[後藤雄二]
『『高清水町史』(1976・高清水町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高清水の関連キーワード氷ノ山後山那岐山国定公園秋田県秋田市寺内大小路南郷(福島県の地名)出羽柵(いではのき)秋田県秋田市寺内高野宮城県栗原市高清水[町]上斎原[村]鶯沢[町]秋田[市]瀬峰[町]栗原(市)一迫[町]秋田[県]栗原[市]礪波平野林道温泉高清水城上齋原人形峠

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高清水の関連情報