コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染井 ソメイ

3件 の用語解説(染井の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そめい〔そめゐ〕【染井】

東京都豊島区北東、巣鴨・駒込付近の旧地名。染井霊園がある。江戸時代、植木屋が多かった。ソメイヨシノの発祥地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そめい【染井】

東京都豊島区巣鴨・駒込あたりの旧地名。江戸時代は植木屋が多かった。都営の染井霊園がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

染井
そめい

東京都豊島(としま)区北東端、JR山手(やまのて)線巣鴨(すがも)・駒込(こまごめ)駅北側の旧地名。江戸時代、播州(ばんしゅう)林田(はやしだ)藩建部(たてべ)氏の下屋敷があり、ここに染井とよぶ名泉があったことが地名の由来というが、現在その泉の所在は不明。江戸時代から植木屋が多く、ソメイヨシノとよぶ桜の品種はこの地で売り出された。また菊人形もここが発祥の地という。建部氏の屋敷跡に1872年(明治5)現東京都営の染井霊園が開設された。面積約6万7000平方メートル。若槻礼次郎(わかつきれいじろう)、幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)、岩崎弥太郎(やたろう)、岡倉天心(てんしん)、高村光雲(こううん)らの墓がある。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

染井の関連キーワード東京都豊島区池袋東京都豊島区北大塚東京都豊島区駒込東京都豊島区巣鴨東京都豊島区千川東京都豊島区高田東京都豊島区高松東京都豊島区千早東京都豊島区長崎東京都豊島区西巣鴨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

染井の関連情報