コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植木屋 ウエキヤ

4件 の用語解説(植木屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うえき‐や〔うゑき‐〕【植木屋】

植木の栽培・販売や、造園・手入れなどを職業とする人。また、その職業。植木職。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うえきや【植木屋】

庭木,盆栽などをつくり,それを販売すると同時に,庭木の手入れや庭造りなども行う職業。社寺,邸宅などの本格的な造園には早くから〈石立(いしだて)〉〈庭作り〉などの職人が従事していたが,近世初頭にはそれらから分化して植木屋が成立していたようである。《多聞院日記》を見ると1609年(慶長14)には,木継の善四郎という職人が接木したミカンの木を植える記事などがあり,《雍州(ようしゆう)府志》(1684)には京都の北野に〈種樹家〉があって,いろいろな樹木を売ったり果樹の接木をすると書かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うえきや【植木屋】

植木を売る店。また、植木の栽培・手入れ・造園などを職業とする人。植木職。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植木屋
うえきや

庭木の栽培、手入れと庭作(にわつくり)の職人。14世紀から庭園に対する需要が高まり、茶庭の露地作(ろじつくり)(露地の者)や正しい箒目(ほうきめ)をつけるための庭掃(にわはき)などの職人が生まれた。また、このころの庭園は植木よりも石に重点が置かれて、石立(いしだて)といった僧体の職人も生まれた。17世紀になると、石を主にした作庭は、武家や町家の住宅にもみられ、庭作、のちに庭師という職人が現れ、同時にその庭に草木も植えるようになり、それらを供給する職人、つまり植木屋がみられるようになった。自家で植木や盆栽、草花などを栽培して、これを販売するばかりでなく、18世紀からは縁日や植木市にも出すようになり、さらに出職(でしょく)によって庭木の手入れもするようになった。植木職ともいい、庭師の仕事と重なってきた。道具は植木鋏(ばさみ)(巻蔓(まきづる)型の二つの指輪のある庭師鋏と両手で使う長い柄の木刈鋏)と鋸(のこぎり)である。近代では造園業といわれるように、庭師と植木屋は一括されてきたが、造園が主となったために、植木鋏で出入りの家の庭木を、秋口に刈り込みなどをする植木職人は少なくなった。庭師にしても、大きな園芸店の下請けとなる者も出てきた。しかし、注文の木を探して歩く下入屋(したいれや)とか、縁日などへ木を掘って持って行く地掘屋(じぼりや)(縁日屋)などは存在している。庭師、植木屋は今日では造園士と総称されている。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

植木屋の関連情報