コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若槻礼次郎 わかつき れいじろう

美術人名辞典の解説

若槻礼次郎

官僚・政治家島根県生。東大卒。号は克堂。大蔵省に入り内国税課長・次官等を歴任。のち立憲同志会に入って政界に進む。加藤高明内閣の時、内相に就任し治安維持法普通選挙法を制定。加藤の死去により、首相・総裁を継ぐ。ロンドン軍縮会議首席全権。民政党総裁。昭和24年(1949)歿、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

わかつき‐れいじろう〔‐レイジラウ〕【若槻礼次郎】

[1866~1949]政治家。島根の生まれ。蔵相・内相を歴任。大正15年(1926)首相となるが金融恐慌の対策を誤り、枢密院画策もあって総辞職。のち、第二次内閣を組閣したが、満州事変が勃発し、退陣

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

若槻礼次郎【わかつきれいじろう】

政治家。出雲(いずも)松江藩の足軽の家に生まれ,叔父若槻敬の養子となる。東大卒。大蔵次官を経て1912年第3次桂太郎内閣の蔵相。憲政会に入り憲政擁護運動に活躍。
→関連項目加藤高明内閣十月事件重臣田中義一内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若槻礼次郎 わかつき-れいじろう

1866-1949 明治-昭和時代前期の政治家。
慶応2年2月5日生まれ。出雲(いずも)松江藩士奥村仙三郎の次男。叔父若槻敬の養子。大蔵次官をへて,貴族院議員。第3次桂,第2次大隈(おおくま)内閣の蔵相をつとめ,加藤高明内閣では内相として普通選挙法,治安維持法を成立させた。大正15年憲政会総裁となり,第1次若槻内閣を組閣。昭和5年ロンドン海軍軍縮会議首席全権。6年第2次若槻内閣を組閣したが,満州事変後の閣内不一致のため総辞職。昭和24年11月20日死去。84歳。帝国大学卒。号は克堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わかつきれいじろう【若槻礼次郎】

1866‐1949(慶応2‐昭和24)
政治家。松江藩の足軽奥村家に生まれ,叔父の若槻敬の養子となる。1884年上京し,司法省法学校から東京帝国大学へすすみ,仏法科を首席で卒業した。大蔵省に入り,愛媛県収税長,大蔵省内国税課長,主税局長を歴任し,1906年第1次西園寺公望内閣の阪谷芳郎蔵相のもとで大蔵次官となった。07年政府特派財政委員としてロンドン,パリに駐在し,08年第2次桂太郎内閣の桂兼任蔵相のもとで次官に就任,11年貴族院議員に勅選された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

わかつきれいじろう【若槻礼次郎】

1866~1949) 政治家。松江生まれ。帝大卒。蔵相・内相を歴任。1926年(大正15)憲政会総裁となって組閣。30年(昭和5)ロンドン海軍軍縮会議首席全権。31年民政党総裁となり再び組閣したが、満州事変の勃発ぼつぱつにより辞職。以後重臣として日米開戦に反対するなど活動した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若槻礼次郎
わかつきれいじろう

[生]慶応2(1866).2.5. 島根,出雲
[没]1949.11.20. 静岡,伊東
政治家。松江藩士奥村仙三郎の次男に生れ,若槻家の養子となった。東京大学卒業後大蔵省に入り,主税局長,次官を経て,1912年第3次桂太郎内閣の蔵相,14年第2次大隈重信内閣の蔵相を歴任した。初めは立憲同志会に属した。 16年憲政会加藤高明とともに憲政擁護運動に参加し,24,25年の第1次,第2次加藤内閣の内相。加藤の死後,26年1月憲政会総裁となって内閣を組織したが,金融恐慌の措置をめぐって枢密院と対立,翌年総辞職した。 30年ロンドン軍縮会議に全権として出席,国内強硬論を封じて条約締結を実現した。 31年立憲民政党総裁として再び組閣したが,満州事変後,右翼の圧力と閣内対立によって同年総辞職を余儀なくされ,34年には民政党総裁を辞し,重臣となった。貴族院議員に勅選。第2次世界大戦終戦工作の和平派の一人。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若槻礼次郎
わかつきれいじろう
(1866―1949)

大正・昭和期の官僚、政治家。号は克堂。慶応(けいおう)2年2月5日松江藩士奥村仙三郎の次男として生まれ、叔父若槻敬の養子となる。1892年(明治25)東京帝国大学仏法科卒業、大蔵省に入る。愛媛県収税長、大蔵省主税局内国税課長、主税局長を経て、1906年(明治39)第一次西園寺公望(さいおんじきんもち)内閣、ついで1908年第二次桂太郎(かつらたろう)内閣の大蔵次官に就任。1911年大蔵次官を辞し貴族院の勅選議員となった。第三次桂内閣、第二次大隈重信(おおくましげのぶ)内閣の蔵相にも就任。この間立憲同志会、憲政会の創立に加わった。1924年(大正13)護憲三派内閣の内相となり、普通選挙法、治安維持法を成立させた。1926年1月加藤高明(かとうたかあき)首相の病死で憲政会総裁を継承、内閣を組織した(第一次若槻内閣)が、1927年(昭和2)枢密院が台湾銀行救済の緊急勅令案を否決したため総辞職した。1930年浜口雄幸(はまぐちおさち)内閣のもとで、ロンドン海軍軍縮会議の首席全権を務め、難航のすえに条約を締結した。1931年4月浜口の病状悪化のためかわって立憲民政党総裁に就任、第二次若槻内閣を組織、浜口内閣の政策を継承した。しかし満州事変の勃発(ぼっぱつ)で政策の基本とした幣原(しではら)外交、緊縮財政の破綻(はたん)は決定的となり、内相安達謙蔵(あだちけんぞう)の協力内閣運動(民政党、政友会両党による協力内閣成立を目ざした運動)によって総辞職を余儀なくさせられた。
 1934年民政党総裁を辞任、以後は重臣として岡田啓介(おかだけいすけ)内閣以降の後継首相指名、重要国策の審議に加わった。戦争に対しては一貫して批判的な立場を表明し続けたが、政界への影響力をもつことはできなかった。太平洋戦争末期には近衛文麿(このえふみまろ)、平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)、岡田啓介らと東条英機(とうじょうひでき)退陣を画策、小磯国昭(こいそくにあき)内閣を成立させた。しかし戦争を終結させるための具体的な行動をとることなく終戦を迎えた。昭和24年11月20日死去。[芳井研一]
『若槻礼次郎著『古風庵回顧録』(1975・読売新聞社) ▽青木得三著、細川隆元監修『日本宰相列伝11 若槻礼次郎/浜口雄幸』(1986・時事通信社) ▽豊田穣著『宰相・若槻礼次郎 ロンドン軍縮会議首席全権』(1990・講談社) ▽御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書16 若槻礼次郎』(2006・ゆまに書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の若槻礼次郎の言及

【憲政会】より

…所属代議士は198名。総裁加藤高明を若槻礼次郎,浜口雄幸,安達謙蔵の3幹部が補佐する体制は,終始変わらなかった。つねに政党内閣主義の旗印を掲げ,藩閥官僚勢力と対立し,元老に忌まれて〈苦節十年〉の間政権から遠ざけられた。…

【台湾銀行】より

…台銀の鈴木商店系事業に対する貸出しは26年末には全貸出しの7割にものぼっている。27年3月に始まった金融恐慌の中で,台湾銀行の危機が伝えられると,時の若槻礼次郎内閣は台銀救済の緊急勅令案を準備した。しかし,若槻の対中国協調外交に不満を持つ伊東巳代治らにより枢密院で勅令案が否決され,4月18日に台銀の内地および海外支店は休業に追い込まれた。…

【民政党】より

…党首,党則,政策などの決定は憲政会のイニシアティブのもとに行われた。 民政党の結党式は,東京の上野精養軒で,1000余名の来会者をえて行われ,党総裁に浜口雄幸,顧問に前憲政会総裁若槻礼次郎,政友本党総裁床次(とこなみ)竹二郎,および山本達雄,武富時敏が就任し,富田幸次郎,町田忠治,松田源治,安達謙蔵,斎藤隆夫ら10人が総務となった。そして,党の政綱に,国民の総意を帝国議会に反映し,議会中心の政治を徹底すること,国家の力により生産を活発にして分配を公正にし,社会不安の禍根を除去すること,国際正義を国交のうえに貫き,人種平等,資源公開の原則を拡充していくこと,品性を陶冶(とうや)し,学習の機会を均等にし,教育の実際化を期すこと,立法・行政・地方自治の陋習(ろうしゆう)を打破し,改造の実現を期すことを掲げた。…

※「若槻礼次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

若槻礼次郎の関連キーワード西村 丹治郎藤沢 幾之輔ロンドン会議中島 弥団次鈴置 倉次郎原 修次郎原 脩次郎武内 作平早速 整爾矢吹 省三佐竹 三吾野村 嘉六八並 武治ドル買事件井上財政斎藤隆夫宇垣一成日米開戦片岡直温幣原外交

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若槻礼次郎の関連情報