柴田勝太郎(読み)しばた かつたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田勝太郎 しばた-かつたろう

1889-1975 大正-昭和時代の化学技術者,経営者。
明治22年2月3日生まれ。東京高工助教授をへて,農商務省臨時窒素研究所,東京工業試験所でメチルアルコールアンモニアの合成を研究。昭和8年合成工業を設立。13年東洋高圧工業に合併されたのちも尿素樹脂肥料の工業化につとめ,20年社長。昭和50年11月10日死去。86歳。兵庫県出身。東北帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android