コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井東圧化学 みついとうあつかがく

2件 の用語解説(三井東圧化学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三井東圧化学
みついとうあつかがく

三井系の総合化学会社。 1892年三井組・三池炭鉱 (のちの三井鉱山) が三池焦煤製造所の名でコークス製造を開始したことを前身とする。 1933年東洋高圧工業設立。 37年三池窒素,38年合成工業を合併。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三井東圧化学
みついとうあつかがく

三井系の総合化学会社。1997年(平成9)に三井石油化学と合併し、三井化学として再出発した。三井東圧化学は1968年(昭和43)に東洋高圧工業と三井化学工業が合併して発足。肥料中心の東洋高圧は1933年(昭和8)設立。染料・薬品主体の旧三井化学は1941年設立。両社はいずれも三井鉱山を母体として出発した会社であり、旧三井化学は1892年(明治25)の三井鉱山三池焦煤(しょうばい)製造所の建設に、東洋高圧は1929年(昭和4)の三井鉱山の硫安工業進出に、それぞれ起源を求めることができる。東洋高圧は1948年(昭和23)に北海道工業所で日本初の肥料用尿素の大量生産を開始した。旧三井化学は1951年に名古屋製造所を建設し、塩化ビニルの製造に着手した。両社は大阪府泉北(せんぼく)地区での総合石油化学事業を推進する過程で協調を強め、1968年に合併し三井東圧化学として新発足した。尿素では業界トップであり、世界的水準の尿素技術をもっていた。石油ショック前後から三井製薬工業(1971設立)など多数の子会社を設立して、ファイン・ケミカル部門や新規事業への展開を図った。三井石油化学との合併前の1997年8月時点の資本金は708億円。北海道などに6工場をもっていた。[橘川武郎]
『三井東圧化学株式会社社史編纂委員会編『三井東圧化学社史』(1994・三井東圧化学株式会社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三井東圧化学の関連キーワード三井化学ダイセル化学工業[株]三井化学[株]三井銀行[株]三井鉱山[株]三井石油化学工業[株]三井東圧化学[株]三井物産[株]三井高堅三井高修

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三井東圧化学の関連情報