コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井東圧化学 みついとうあつかがく

2件 の用語解説(三井東圧化学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三井東圧化学
みついとうあつかがく

三井系の総合化学会社。 1892年三井組・三池炭鉱 (のちの三井鉱山) が三池焦煤製造所の名でコークス製造を開始したことを前身とする。 1933年東洋高圧工業設立。 37年三池窒素,38年合成工業を合併。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三井東圧化学
みついとうあつかがく

三井系の総合化学会社。1997年(平成9)に三井石油化学と合併し、三井化学として再出発した。三井東圧化学は1968年(昭和43)に東洋高圧工業と三井化学工業が合併して発足。肥料中心の東洋高圧は1933年(昭和8)設立。染料・薬品主体の旧三井化学は1941年設立。両社はいずれも三井鉱山を母体として出発した会社であり、旧三井化学は1892年(明治25)の三井鉱山三池焦煤(しょうばい)製造所の建設に、東洋高圧は1929年(昭和4)の三井鉱山の硫安工業進出に、それぞれ起源を求めることができる。東洋高圧は1948年(昭和23)に北海道工業所で日本初の肥料用尿素の大量生産を開始した。旧三井化学は1951年に名古屋製造所を建設し、塩化ビニルの製造に着手した。両社は大阪府泉北(せんぼく)地区での総合石油化学事業を推進する過程で協調を強め、1968年に合併し三井東圧化学として新発足した。尿素では業界トップであり、世界的水準の尿素技術をもっていた。石油ショック前後から三井製薬工業(1971設立)など多数の子会社を設立して、ファイン・ケミカル部門や新規事業への展開を図った。三井石油化学との合併前の1997年8月時点の資本金は708億円。北海道などに6工場をもっていた。[橘川武郎]
『三井東圧化学株式会社社史編纂委員会編『三井東圧化学社史』(1994・三井東圧化学株式会社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三井東圧化学の関連キーワードカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件イタリア映画大林組(株)岸沢式佐保護鳥立憲改進党光の科学史神の下の国

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三井東圧化学の関連情報