コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田勝政 しばた かつまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田勝政 しばた-かつまさ

1557-1583 織豊時代の武将。
弘治(こうじ)3年生まれ。佐久間盛政の弟。柴田勝家の養子。越前(えちぜん)(福井県)勝山城主となり,兄盛政とともに加賀一向一揆(いっき)を平定天正(てんしょう)11年賤ケ岳(しずがたけ)の戦いに勝家軍の先鋒(せんぽう)として出陣し,討ち死に。27歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は三左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴田勝政の関連キーワード弘治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android