コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄松斎長喜 えいしょうさいちょうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栄松斎長喜
えいしょうさいちょうき

江戸時代後期の浮世絵師。天明~文化年間前半 (1781~1808) 頃活躍。鳥山石燕門人。初め子興,のち長喜,寛政8 (1796) 年頃また初名に戻ったと推定されるが,詳細な伝記は不明。美人画黄表紙挿絵などの遺品がある。主要作品『井筒中居,芸子図』 (東京国立博物館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栄松斎長喜 えいしょうさい-ちょうき

?-? 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
鳥山石燕(せきえん)門下で,喜多川歌麿と同門。寛政(1789-1801)のころ錦絵をつくり,美人画を得意とした。役者絵や黄表紙,洒落(しゃれ)本などの挿絵もかいた。一時百川子興(ももかわ-しこう)と称したというが,子興は別人とする説もある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

栄松斎長喜

生年:生没年不詳
江戸後期の浮世絵師。寛政8,9(1796,97)年ごろには一時子興の画名を用いているが,鳥山石燕門下の俳人子興と同一人とする説は今日では疑問視されている。天明(1781~89)後期から文化(1804~18)前期にかけて,黄表紙・合巻などの草双紙や読本の挿絵を数多く担当したが,寛政(1789~1801)中期には四季の美人や京坂の芸妓などを描いた雲母摺の錦絵も制作した。長喜の挿絵は流麗な描線ですっきりとしており,錦絵の美人画は歌麿風をベースとしながらも,肩幅の極端に狭い肉体と,少女のような可憐さを漂わせた容貌が特徴である。<参考文献>菊地貞夫「歌麿/栄之」(『浮世絵大系』6巻)

(大久保純一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

栄松斎長喜の関連キーワード大首絵

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android