コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗城史多 くりき のぶかず

1件 の用語解説(栗城史多の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

栗城史多

登山家、起業家(株式会社たお代表取締役)。1982年6月9日、北海道生まれ。札幌国際大学山岳部在籍中の2004年に北米最高峰マッキンリーに単独登頂して以来、6大陸の最高峰を制覇。08年より「冒険の共有」をテーマに掲げ、09年に登頂したダウラギリ(ヒマラヤ山脈のダウラギリ山系にある世界第7位の高峰。8167メートル)でインターネット生中継を行う。10年には登山とインターネットを結んだ功績が評価され、1年で最も活躍した冒険家、挑戦者などに贈られるファウストA.G.アワードの大賞を受賞した。エベレストに単独・無酸素登頂と頂上からのインターネット生中継を目指し、09年より4年連続で、あえて気象条件が厳しい秋季に挑戦するが、いずれも8000メートル到達前で断念。通算4度目となる12年のチャレンジでは両手足の指と鼻に深刻な凍傷を負い、両手の指数本を切断する可能性があると自身のブログなどで報告している。

(2012-11-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗城史多の関連キーワード社外監査役取締役会表見代表取締役常務取締役専務取締役代表取締役取締役代表執行役幸福の日酒風呂の日

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗城史多の関連情報