コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗城史多 くりき のぶかず

1件 の用語解説(栗城史多の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

栗城史多

登山家、起業家(株式会社たお代表取締役)。1982年6月9日、北海道生まれ。札幌国際大学山岳部在籍中の2004年に北米最高峰マッキンリーに単独登頂して以来、6大陸の最高峰を制覇。08年より「冒険の共有」をテーマに掲げ、09年に登頂したダウラギリ(ヒマラヤ山脈のダウラギリ山系にある世界第7位の高峰。8167メートル)でインターネット生中継を行う。10年には登山とインターネットを結んだ功績が評価され、1年で最も活躍した冒険家、挑戦者などに贈られるファウストA.G.アワードの大賞を受賞した。エベレストに単独・無酸素登頂と頂上からのインターネット生中継を目指し、09年より4年連続で、あえて気象条件が厳しい秋季に挑戦するが、いずれも8000メートル到達前で断念。通算4度目となる12年のチャレンジでは両手足の指と鼻に深刻な凍傷を負い、両手の指数本を切断する可能性があると自身のブログなどで報告している。

(2012-11-4)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗城史多の関連情報