コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根来之白 ねごろ しはく

1件 の用語解説(根来之白の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根来之白 ねごろ-しはく

1644-1713 江戸時代前期-中期の俳人。
正保(しょうほ)元年生まれ。上島鬼貫(うえじま-おにつら),藤岡月尋(げつじん)らと交遊し,月尋の句集「とてしも」に寄人(よりうど)として協力,跋文(ばつぶん)をかいた。追善集に「夏をはな」がある。正徳(しょうとく)3年6月3日死去。70歳。摂津堺(さかい)(大阪府)出身。別号に宗雲,無量坊。号は芝柏とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

根来之白の関連キーワード山本養仙常行荒川養鉄井上久斎内田雪山木村養元小出英利辻政近宗吉吉田自庵