コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根来之白 ねごろ しはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根来之白 ねごろ-しはく

1644-1713 江戸時代前期-中期の俳人。
正保(しょうほ)元年生まれ。上島鬼貫(うえじま-おにつら),藤岡月尋(げつじん)らと交遊し,月尋の句集「とてしも」に寄人(よりうど)として協力,跋文(ばつぶん)をかいた。追善集に「夏をはな」がある。正徳(しょうとく)3年6月3日死去。70歳。摂津堺(さかい)(大阪府)出身。別号に宗雲,無量坊。号は芝柏とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

根来之白の関連キーワードクライアー山村座熊本藩ウルバヌス崇禎帝小西マンショウルバヌス崇禎帝正保スペイン音楽