コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤岡月尋 ふじおか げつじん

1件 の用語解説(藤岡月尋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤岡月尋 ふじおか-げつじん

1658-1715 江戸時代前期-中期の俳人。
万治(まんじ)元年生まれ。大坂の人。野田忠粛(ただのり)に国学を,京都にうつり青木春澄(はるずみ)に俳諧(はいかい)をまなぶ。伊丹派のひとり。同門の北河原座神と親交をむすんだ。浮世草子(うきよぞうし)作家の月尋堂と同一人ともいわれる。正徳(しょうとく)5年2月21日死去。58歳。別号に霄雨軒,羅門回。編著に「とてしも」「伊丹発句合」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の藤岡月尋の言及

【月尋堂】より

…生没年不詳。同時期の俳人藤岡月尋(大坂の人,1715年伊丹で没)と同一人の可能性が極めて強いが確認できない。西鶴没後の浮世草子界で町人物,雑話物を継いだ作者。…

※「藤岡月尋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

藤岡月尋の関連キーワードルイルイディナールイ[14世]ロココ美術ブルボン朝説経節アウラングゼーブ伊藤出羽掾小野善助(初代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone