コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根来版 ねごろばん

大辞林 第三版の解説

ねごろばん【根来版】

南北朝時代から根来寺で刊行された書籍の総称。装丁・版式とも高野版に似る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねごろばん【根来版】

鎌倉後期から南北朝期にかけて,紀州(和歌山県)根来寺で刊行された古版本をさす。根来寺は高野山から分立して新義真言宗を開いた本山であり,したがってその刊本装丁版式料紙はおおむね高野版と同様であるが,巻子(かんす)本もある。鎌倉末期には,すでに衰えつつあった高野版よりもかえって盛んであり,三部秘経をはじめとする10種近くの真言密教典籍を刊行しているが,豊臣秀吉による焼打ちにより焼失・散逸し,現存するものは少ない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

根来版の関連キーワード南北朝時代総称

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android