コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野版 こうやばん

百科事典マイペディアの解説

高野版【こうやばん】

鎌倉初期以来,高野山で出版された仏典の総称。版式,装丁など春日(かすが)版の影響があるといわれる。4種の開板目録が現存。なお江戸初期から木活字による開板が行われたが,これは高野活字版という。
→関連項目金剛峯寺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうやばん【高野版】

鎌倉時代中期以後,紀伊の高野山およびその門流寺院で開版した,密教(おもに真言宗)ならびに悉曇(しつたん)に関する書物の総称。用紙は厚手の鳥の子紙を用い,表裏に印刷し,装丁はおおむね粘葉(でつちよう)形を採用した。開版者としてとくに知られる秋田城介(あきたのじようのすけ)(安達泰盛,1231‐85)は,鎌倉執権北条氏の姻戚として勢力をもち,祖父景盛以来の縁故で高野山にはいり,その金剛三昧院(こんごうさんまいいん)は10万余石の扶持を封禄し,武家の愛護のもとに偉大な勢力をもって,開版事業にも力をつくした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうやばん【高野版】

鎌倉中期以後、高野山金剛峰寺で印刷発刊された密教関係書を主とする書籍の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高野版
こうやばん

鎌倉時代中期以降、紀伊高野山で出版された仏典類。密教関係の書を主とするが、『悉曇字紀(しったんじき)』『声明(しょうみょう)集』『高野大師行状図画(こうやだいしぎょうじょうずえ)』など特殊なものもある。奈良・京都諸寺における刊経の影響を受けて始まった。現存最古の高野版は1253年(建長5)快賢刊『三教指帰(さんごうしいき)』である。開版者としては快賢、安達泰盛(あだちやすもり)(秋田城介(じょうのすけ))、慶賢らが知られ、金剛三昧院(こんごうさんまいいん)が出版の中心であった。もっとも盛んに行われたのは鎌倉時代中期で、版下を信芸、能海その他能書家が書き、料紙も良質、墨色も漆黒で、精刻のものが少なくないが、南北朝ごろからは料紙に高野紙を用いるようになった。表と裏両面に印刷、やや縦長の胡蝶(こちょう)装(粘葉(でっちょう)装)というのが高野版の特色。注目すべきは、近世初期、慶長(けいちょう)(1596~1615)から正保(しょうほう)(1644~48)にかけて活字による印刷が盛行したことで、古活字版の一種としても高野版は重要である。鎌倉時代開版書目4種が現存、これによって開版事情を知ることができる。[金子和正]
『水原堯栄著『高野板之研究』(1932・自刊) ▽木宮泰彦著『日本古印刷文化史』(1965・冨山房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高野版の言及

【本】より

…鎌倉時代中ごろ高野山に,後期には京都や鎌倉にも及んだ。〈高野版〉は能筆に版下を書かせ,厚様に濃墨を用いて優れたものが多い。高野山では経師大和屋善七など数名を招き,印刷・販売させた。…

※「高野版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高野版の関連キーワード高野山(寺院)水原 堯栄水原尭栄五山版寺院版春日版根来版高野紙版経快賢版本

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android