コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂馥 けいふく Gui Fu

1件 の用語解説(桂馥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂馥
けいふく
Gui Fu

[生]乾隆2(1737)
[没]嘉慶10(1805)
中国,清の学者。山東省曲阜県の人。字,東卉 (とうき) 。号,未谷 (びこく) 。乾隆 50 (1785) 年進士に及第,雲南,永平県の知事となり,その在任中に死んだ。語学,特に後漢の許慎の『説文解字』の研究に専心し,段玉裁と並び「段桂」と称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の桂馥の言及

【文字学】より

…古音研究からややおくれて《説文》の研究が始まる。段玉裁の《説文解字注》,桂馥(けいふく)の《説文義証》,朱駿声(しゆしゆんせい)の《説文通訓定声》はそれぞれ特色をもった不朽の名著である。清末に発見された亀甲獣骨は古代文字の研究をうながし(甲骨学),金石文の研究とともに多大の成果をあげた。…

※「桂馥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桂馥の関連キーワード朱昴之アルキル基階乗嘉慶帝数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学勃・歿・没三角数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone