コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐渭

6件 の用語解説(徐渭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徐渭

明代の書画家。淅江省山陰生。字は文清・文長、号は天地・天地山人・青藤・漱仙・海笠・田水月等。行書に長じ、古文辞を能くする。また花卉図を得意とする。万暦21年(1593)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょ‐い〔‐ヰ〕【徐渭】

[1521~1593]中国明代の文人・画家。紹興(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は文清、のち文長。号、青藤など。詩・書・画・にすぐれ、戯曲でも活躍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

徐渭【じょい】

中国,明代の画家,詩人。字は文長,号は天池・青藤。浙江の人。貧窮と狂騒の破滅型の一生であったが,芸術的天分を多方面に発揮,詩文・書画にすぐれたばかりでなく,戯曲の創作や評論,老荘や仏教に関する著述もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょい【徐渭 Xú Wèi】

1521‐93
中国,明代後期の文化人。字は文清,また文長,号は天池,青藤など。いまの浙江省紹興県の人。王守仁(陽明)の弟子季本に師事,文官の地方試験には8度も落第,倭寇討伐の総督胡宗憲の私設書記を5年,のち発狂して自殺未遂を重ね,妻を殺して獄中に7年を過ごした。かくも数奇な生涯をもたらした奔放不羈の精神と不遇貧困の生活はその文学芸術のすべてにも作用し,詩では真情の流露のなかに,ときとして中唐の李賀に似た鬼気せまる空想や宋の蘇軾(そしよく)に似た清新な比喩をまじえ,盛唐詩の模倣という,李攀竜(りはんりゆう),王世貞らによってリードされた当時の詩界の流行には染まらなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐渭
じょい
Xu Wei

[生]正徳16(1521)
[没]万暦21(1593)
中国,明の文人。山陰 (浙江省紹興県) の人。字,文清,文長。号,青藤道士,天池山人。科挙に失敗し続け,浙江総督胡文憲の幕下に入り奇行が多かったが,文憲に代って書いた文章が世を驚かせ有名になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徐渭
じょい
(1521―1593)

中国、明(みん)代後期の詩文書画をよくした文人。山陰(浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)県)の生まれで、字(あざな)は文清、のち文長といい、天地と号したが、青藤(せいとう)、田水月(でんすいげつ)そのほか別号が多くある。多方面に優れた才能を示し、自らも書が第一、詩が二、文が三、画が四といったが、現在は画家としての評価がもっとも高い。詩文のほか脚本集『四声猿(しせいえん)』など戯曲の創作でも知られ、また小説『雲合奇蹤(うんごうきしょう)』は江戸時代の1752年(宝暦2)に翻訳され、日本では『通俗元明(げんみん)軍談』として刊行されている。画は水墨に徹し、花卉(かき)および蟹(かに)や魚などの雑画に優れ、『花卉雑画巻』(ワシントン市フリーア美術館、東京国立博物館)などの傑作を残している。その画風は、特定の師をもたず、伝統にとらわれずに、絵画の捨象性、水墨の偶然性を追究して、清(しん)代の花卉画の先駆をなした。その生涯は数奇を極め、早く父を失い、青年期には家が没落し、妻に死なれ、才能をもちながら郷試(きょうし)に落ち続ける(8回目で断念)などの不運に付きまとわれた。壮年期に倭寇(わこう)と戦った胡宗憲(こそうけん)(浙江省総督)に文才を認められ、信任されたが、5年後に胡宗憲が失脚し獄中死するに及び、精神に異常をきたし、三度自殺未遂し、さらに後妻を嫉妬(しっと)から殺害して7年間の獄中生活を送った。出獄した53歳以降は諸方を流浪し、晩年郷里に隠棲(いんせい)し、この間に多くの水墨花卉の傑作を描いたが、最後は藁(わら)を敷いて寝るなど困窮のうちに没した。著述に『徐文長集』『南詞叙録』などがある。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徐渭の関連キーワード祝枝山曹学佺張益沈小霞陸治佐草文清許光祚時文文化人文清舎冲澄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone