コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃田柳栄 ももた りゅうえい

美術人名辞典の解説

桃田柳栄

江戸前・中期の画家。和泉生。名は守光、通称は武左衛門別号に幽香斎。探幽門下四天王の一人で久隅守景と並び称せられる。医術も能くした。薩摩島津侯の御用絵師となり五百石を与えられた。元禄11年(1698)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃田柳栄 ももた-りゅうえい

1647-1698 江戸時代前期の画家。
正保(しょうほ)4年生まれ。狩野(かのう)探幽門下四天王のひとりで,薩摩(さつま)島津家の絵師。作品に「狩野探幽像」がある。江戸にすんで医術もよくした。元禄(げんろく)11年1月13日死去。52歳。和泉(大阪府)出身。名は守光。通称は武左衛門。別号に幽香斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

桃田柳栄

没年:元禄11.1.13(1698.2.23)
生年:正保4(1647)
江戸前期の画家。名は守光,通称は武左衛門。柳栄,幽香斎と号した。和泉(大阪府)の人。狩野探幽門下の四天王のひとりで,薩摩藩の御用絵師(500石)となる。医術にもすぐれた。作品に「狩野探幽像」草稿(京都国立博物館蔵)がある。

(星野鈴)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

桃田柳栄の関連キーワード加藤遠沢尾形守義神足高雲

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android