コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃田柳栄 ももた りゅうえい

3件 の用語解説(桃田柳栄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

桃田柳栄

江戸前・中期の画家。和泉生。名は守光、通称は武左衛門、別号に幽香斎。探幽門下四天王の一人で久隅守景と並び称せられる。医術も能くした。薩摩島津侯の御用絵師となり五百石を与えられた。元禄11年(1698)歿、52才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃田柳栄 ももた-りゅうえい

1647-1698 江戸時代前期の画家。
正保(しょうほ)4年生まれ。狩野(かのう)探幽門下四天王のひとりで,薩摩(さつま)島津家の絵師。作品に「狩野探幽像」がある。江戸にすんで医術もよくした。元禄(げんろく)11年1月13日死去。52歳。和泉(大阪府)出身。名は守光。通称は武左衛門。別号に幽香斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

桃田柳栄

没年:元禄11.1.13(1698.2.23)
生年:正保4(1647)
江戸前期の画家。名は守光,通称は武左衛門。柳栄,幽香斎と号した。和泉(大阪府)の人。狩野探幽門下の四天王のひとりで,薩摩藩の御用絵師(500石)となる。医術にもすぐれた。作品に「狩野探幽像」草稿(京都国立博物館蔵)がある。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桃田柳栄の関連キーワード常行勝継狩野興伯狩野柳雪金竜雪林曾我玉庵竹隠等木茘閲

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone