コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹亀松(4代) きりたけ かめまつ

1件 の用語解説(桐竹亀松(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐竹亀松(4代) きりたけ-かめまつ

1905-1988 大正-昭和時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
明治38年12月10日生まれ。大正5年3代吉田文五郎に入門,吉田文作を名のり,7年「心中天網島」で初舞台。昭和17年4代を襲名。「壇浦兜軍記」の阿古屋,「本朝廿四孝」の八重垣姫などを得意とした。文楽座人形部代表。昭和63年8月20日死去。82歳。大阪出身。本名は岩田作太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桐竹亀松(4代)の関連キーワード竹下登内閣板場真二竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府愛染かつら宇宙電波銀河電波望月太左衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone