コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑白皮 ソウハクヒ

4件 の用語解説(桑白皮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐はくひ〔サウ‐〕【桑白皮】

桑の根皮。漢方で消炎・利尿・鎮咳(ちんがい)薬などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

そうはくひ【桑白皮】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。クワ科マグワヤマグワカラグワなどの根皮(こんぴ)を乾燥したもの。消炎性利尿緩下(かんげ)去痰(きょたん)鎮咳(ちんがい)などの作用がある。急性気管支炎気管支喘息(ぜんそく)に効く五虎湯(ごことう)、慢性化した咳(せき)に効く清肺湯(せいはいとう)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうはくひ【桑白皮】

クワの根皮を乾燥させた生薬。消炎・鎮咳・去痰薬などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桑白皮
そうはくひ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の桑白皮の言及

【クワ(桑)】より

…養蚕用の品種も分化している。漢方では若い枝(径1~1.5cm)を桑枝(そうし),葉を桑葉(そうよう),果実を桑椹子(そうじんし),根の皮を桑白皮(そうはくひ)という。いずれも他の生薬と配合して用いられるが,桑枝はタンニンを含み,リウマチや神経痛などに,桑葉はビタミンB1,カロチンなどを含み,解熱に,桑椹子は滋養,強壮,貧血,養毛に,桑白皮はトリテルペノイド,ステロイド,フラボノイドおよびクマリンを含み,消炎性利尿,鎮咳,高血圧などに用いられる。…

※「桑白皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桑白皮の関連キーワード阿膠遠志十薬川骨当薬柿蔕前胡蘇木大腹皮良姜

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桑白皮の関連情報