コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑白皮(読み)ソウハクヒ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

そうはくひ【桑白皮】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。クワ科マグワヤマグワカラグワなどの根皮(こんぴ)を乾燥したもの。消炎性利尿緩下(かんげ)去痰(きょたん)鎮咳(ちんがい)などの作用がある。急性気管支炎気管支喘息(ぜんそく)に効く五虎湯(ごことう)、慢性化した咳(せき)に効く清肺湯(せいはいとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうはくひ【桑白皮】

クワの根皮を乾燥させた生薬。消炎・鎮咳・去痰薬などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の桑白皮の言及

【クワ(桑)】より

…養蚕用の品種も分化している。漢方では若い枝(径1~1.5cm)を桑枝(そうし),葉を桑葉(そうよう),果実を桑椹子(そうじんし),根の皮を桑白皮(そうはくひ)という。いずれも他の生薬と配合して用いられるが,桑枝はタンニンを含み,リウマチや神経痛などに,桑葉はビタミンB1,カロチンなどを含み,解熱に,桑椹子は滋養,強壮,貧血,養毛に,桑白皮はトリテルペノイド,ステロイド,フラボノイドおよびクマリンを含み,消炎性利尿,鎮咳,高血圧などに用いられる。…

※「桑白皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android