桜井元茂(読み)さくらい もとしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「桜井元茂」の解説

桜井元茂 さくらい-もとしげ

1684-1750 江戸時代中期の国学者。
貞享(じょうきょう)元年生まれ。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩士北村季吟(きぎん)の門下服部南郭(なんかく),柳沢淇園(きえん)らと親交があった。寛延3年11月13日死去。67歳。(あざな)は子栄。通称は佐右衛門。号は鹿門,細流。著作に「草庵集難註」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android