コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井忠興 さくらい ただおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井忠興 さくらい-ただおき

1848-1895 幕末-明治時代の大名,華族。
弘化(こうか)5年1月8日生まれ。松平忠栄(ただなか)の7男。文久元年14歳で摂津尼崎(あまがさき)藩(兵庫県)藩主松平(桜井)家7代となる。慶応4年桜井に改姓。西南戦争に際し,佐野常民らとともに博愛社(日本赤十字社の前身)の創立に尽力。子爵。貴族院議員。明治28年4月29日死去。48歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android