コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜山四郎三郎(初代) さくらやま しろさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜山四郎三郎(初代) さくらやま-しろさぶろう

?-1732 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
初代桜山庄左衛門の弟。貞享(じょうきょう)末から享保(きょうほう)にかけて京坂の舞台で活躍。はじめ桜山小太夫を名のったが,元禄(げんろく)13年四郎三郎と改名し,立役(たちやく)をつとめる。やつし,荒事(あらごと),実悪(じつあく)もよくしたが,実事(じつごと)を得意とした。享保17年7月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜山四郎三郎(初代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android