コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜山四郎三郎(初代) さくらやま しろさぶろう

1件 の用語解説(桜山四郎三郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜山四郎三郎(初代) さくらやま-しろさぶろう

?-1732 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
初代桜山庄左衛門の弟。貞享(じょうきょう)末から享保(きょうほう)にかけて京坂の舞台で活躍。はじめ桜山小太夫を名のったが,元禄(げんろく)13年四郎三郎と改名し,立役(たちやく)をつとめる。やつし,荒事(あらごと),実悪(じつあく)もよくしたが,実事(じつごと)を得意とした。享保17年7月死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜山四郎三郎(初代)の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺手話言語条例をめぐる動き「真田丸」効果後ろ面傾城歌三味線杉山杉風陶山訥庵

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone