コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜岡真方 さくらがおか まさかた

1件 の用語解説(桜岡真方の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜岡真方 さくらがおか-まさかた

1804-1865 江戸時代後期の武士。
文化元年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)久慈(くじ)郡の郷士。天保(てんぽう)7年の飢饉(ききん)のとき,私財を投じて窮民をすくう。のち水戸藩尊攘(そんじょう)派に財政的援助をおこなうが,元治(げんじ)元年保守派が藩政をにぎると越後(えちご)(新潟県)にのがれた。慶応元年閏(うるう)5月6日死去。62歳。通称は源次衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜岡真方の関連キーワード文化岩井半四郎海津幸一アメリカ美術奈破崙天竺徳兵衛プチャーチンギャンジャセルビア蜂起チャオ・アヌ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone