コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜間 道雄 サクラマ ミチオ

20世紀日本人名事典の解説

桜間 道雄
サクラマ ミチオ

大正・昭和期の能楽師(金春流シテ方)



生年
明治30(1897)年9月14日

没年
昭和58(1983)年5月27日

出生地
熊本市

主な受賞名〔年〕
芸術祭文部大臣賞〔昭和35年 42年〕,芸術選奨文部大臣賞〔昭和45年〕,毎日芸術賞(第15回)〔昭和49年〕

経歴
熊本の能楽師の家に生まれる。奥深く繊細な味わいの芸風。金春流のシテ方として35年「定家」で、42年「道城寺」でそれぞれ芸術祭文部大臣賞を受賞。さらに45年重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定された。著書に「―捨心の芸術」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

桜間 道雄
サクラマ ミチオ


職業
能楽師(金春流シテ方)

肩書
重要無形文化財保持者(能シテ方)〔昭和45年〕

生年月日
明治30年 9月14日

出生地
熊本県 熊本市

経歴
熊本の金春流シテ方・桜間林太郎の二男に生まれる。明治43年子方で初舞台。大正2年上京し、伯父で明治の名人だった桜間伴馬(左陣)に師事。昭和20年3月京都に移住、金春流宗家光太郎(八条)の演能の世話をする。24年東京に戻る。30年三島由紀夫作・武智鉄二演出の「綾の鼓」に主演。32年より日本能楽会会員。奥深く繊細な味わいの芸風で、35年「定家」で、42年「道成寺」でそれぞれ芸術祭文部大臣賞を受賞。さらに45年人間国宝に認定された。代表的な舞台に「檜垣」「砧」「井筒」「卒塔婆小町」「角田川(隅田川)」など。能楽界きっての理論派、毒舌家としても知られ、著書に「能―捨心の芸術」がある。

受賞
芸術選奨文部大臣賞(昭44年度)〔昭和45年〕「野宮」 勲四等瑞宝章〔昭和43年〕 芸術祭賞〔昭和35年・42年〕,毎日芸術賞(第15回 昭48年度)〔昭和49年〕「伯母捨」

没年月日
昭和58年 5月27日 (1983年)

家族
父=桜間 林太郎(能楽師),孫=桜間 右陣(能楽師)

親族
伯父=桜間 左陣(能楽師)

伝記
能楽三代 桜間 金太郎 著(発行元 白水社 ’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

桜間 道雄 (さくらま みちお)

生年月日:1897年9月14日
大正時代;昭和時代の能楽師
1983年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

桜間 道雄の関連キーワード[各個指定]芸能部門桜間 弓川桜間 伴馬桜間弓川後藤得三生年月日昭和時代

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android